築42年の倉庫を大改装!

いつか、大きな空間で衣食住の提案ができる施設を創りたいと、いつも考えていました。

いつもみんなが集まって、楽しく心地いいと思える空間を創りたいと。

朝倉街道駅から徒歩2分のところに、錆びれたスレート葺きの倉庫があるのを

見つけました。

倉庫の隣には、2階建ての古い住宅が建っていて、壁はトタンでとても寂しそうな顔をしていました。

不動産屋さんにお願いして、内見するともう人が住める状況ではなく、オーナーさんも壊して駐車場にするかどうかを考えておられるそんな状況だったそうです。

もうその時に、不思議ですが既に心の中で決めていました。

早速、平面図を持ち帰ってプランを考え、何度もやり直して、

イメージが出来上がったところで、多くの方々のアドバイスやご支援を受けて、

ようやく大規模改修の計画の実行へと進んできました。構造だけを残しながら解体から始まり、いきなり大きな問題が発覚しました。

梁と柱が繋がっていなかったり、柱の足元はシロアリでぼろぼろだったり、

2階の荷重を支えられるだけの躯体にはなっていないという状況でした。

新しい梁と柱を追加して、しっかり補強を行い、やっと内装工事に進んだのは1ヶ月後でした。

通常の4倍の密度があるウレタンを使って断熱工事をしっかり行い、古くてまだ使える梁や柱は残して、強度を確認しながらの作業なので、とても時間がかかりました。

大工さん曰く「40年以上経っても、環境さえ整っていれば木は問題ない。しかし、鉄や金属は酸化して腐食するし、新建材は経年劣化は早い、だから日本はスクラップアンドビルドを繰り返してきた反動で、大きな負の資産を持っているんだよな」と、とても納得いくお話でした。

古い梁の下に新しい梁のサポートをする付梁という技術を見ることができて、徐々に出来上がってくると、まさに「温故知新」を現実に行われている実感がわいてきました。

                                                        床はオールアース(電磁波対策)という特許技術を採用し、30ミリの厚みのある杉無垢のフローリングを採用しました。

また、壁と天井はオリジナルの珪藻土を使用しているので、一年中エアコンを使わなくてもいいくらい素晴らしい環境になりました。
 

住まいの電磁波対策について  http://www.all-earth.jp/

 

杉無垢材の詳細について http://www.passiveatelier.com/pasv/muku.html

 


キヌカを刷り込んでいるところ
キヌカを刷り込んでいるところ

杉の無垢材に相性ピッタリなのが、キヌカという原料は米ぬかだけでできている自然オイルを表面に擦り込むと、一年に一回くらいのメンテナンスで大丈夫なんです。使っているテーブルや椅子などの家具もすべて杉の無垢材でつくられており、同じキヌカで保護しています。お越しになられた皆さんもつい時間を忘れてしまうほど、心地いい空間に変わりました。感触を確かめていただいた後は、セレクトショップにて、珪藻土もキヌカも家具もすべて販売していますので、気軽にお声掛けくださいね。

 

キヌカについて http://www.passiveatelier.com/pasv/kinuka.html

内装が仕上がって、ようやく外壁の仕上げも完了して、新しく倉が生まれ変わりました。倉が朝を迎えて、みんなが集まる場所に変わりました。
そんな思いを込めて、朝倉caféと名づけました。

皆さんに愛されるお店にしていきたいと思いますので、是非とも一度覗いてみてください。

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。